個人手配で旅するラパンの空飛ぶ日記

海外の街を暮らすように旅をする 時間に余裕のあるシニア旅ブログ ときどき雑記

ラスベガスでシルクドソレイユ《Oオー》を観る!購入方法いろいろ

こんにちは、旅するラパンです。

 

初めてのラスベガス旅行、いちばんのお楽しみは何と言ってもショーを観ること!なにせ勝負運はございませんので、今日は手を出さずにいきたいと思います(笑)

 

 シルクドソレイユ《Oオー》チケットを買う

 

私が一番観たかった【シルク・ド・ソレイユ《O》オー】ラスベガスでしか見ることができない、日本人も参加している、巨大噴水を持っているHotelベラージオだからできるショー、等々《Oオー》には並々ならぬ思い入れがありましたので、ラスベガスへ行くイコール《Oオー》を観る必須!!の気持ちでいたのです。ちょっと大袈裟ですね。

私の思いつく限りのチケット購入方法をご紹介しつつ、購入するまでのドタバタと、購入した座席、結果オーライなラッキー話などを盛り込んで参りますので、どなたかの参考になりましたら嬉しいです(^^)

 

《Oオー》のチケットを購入する方法は様々

  1. もともと《オー》のチケットが盛り込まれたラスベガスツアーに参加する
  2. 参加するツアー会社のオプショナルツアーを利用
  3. シルクドソレイユ公式サイトから個人で予約をする正規価格
  4. 公式サイト以外のチケットサイトから予約をする(価格変動あり
  5. 現地ツアー会社に申し込む(手数料あり
  6. 現地のチケットブースでお得価格で購入する(価格変動あり運が良ければ良席割引あり
  7. 《Oオー》劇場窓口カウンターで購入する(直前でも割引きなし

 

1と2は、パックツアー旅行の方が当てはまりますね。

【旅するラパン】は個人手配で旅をするので、上記の3〜7からセレクトです。

のツアー会社のオプショナルツアーはツアー参加者以外の予約を受け付けてくれる旅行会社もあるようなのです。お忙しかったり、ご自身で予約をする自信がない場合は、手数料はかかりますが予約をして貰うのも1つの方法ですね。

それでは3〜7のご説明をしていきましょう〜

 

3.シルクドソレイユ公式サイト

シルクドソレイユ公式チケットサイトはベラージオHotelのホームページ内にあります。右にある[BUY TICKETS]から商品ページへ入っていきます。英語ですが、ハードルはそう高くなさそうです。

bellagio.mgmresorts.com

 

4.公式サイト以外の方法で申し込む場合

海外のチケット購入する際に私が利用する方法の一つとしてViagogoがあります。シルクドソレイユのチケットの取り扱いがありましたので、ご参考までに貼り付けておきますね。日本語で手続きができるのでハードルは低いですが、お値段が変動するので公式サイトのお値段と比較するのが良いですね。

*お勧めしていたチケットサイトは事情により削除しております。

 

5.現地ツアー会社に申し込む

世界中のオプショナルツアーの予約専門VERTRA(ベルトラ)は、現地観光など様々なオプショナルツアーが用意されていますし、参加された方の体験談がたくさん掲載されているので参考になります。

 現地オプショナルツアーVERTRA

 

 

6.現地のチケットブースでお得価格で購入

ラスベガスでシルクドソレイユ《Oオー》のチケットを購入できるチケットスタンドは、[TIX4TONIGHT] 

Hotel ベラージオ噴水の横(オーの看板の真下あたり)、パリスHotelの近くのチケットスタンドの2箇所で探してみることにしました。

 

絶対に観たいとは思っていたものの、上演日が近くなるとお値段が下がって割引になるのを知っていたので、現地で購入しても良いと思っていました。

私が午前中にスパへ行っている間にチケットブースの場所など下調べをしていた旦那くん、「俺様に任せておけ!安くて良い席を買おうじゃないか」くらいの勢いでしたので、お任せ〜と思っていましたが、ここで小さな事件が起きます。

 

お昼の段階でHotelベラージオ噴水近くのブース(仮にブースAとしましょう)で、価格チェックをしていた旦那くん、もう一つのパリスHotel近くのブース(こちらはブースB)を見て、両方の比較をしてどちらかを購入→そのあと食事をしてショーに行く。と、スケジュールを想定していた模様。

 

私の心の声が言っています

『旦那くんよ、お昼に君が見たブースAのチケットが今あるとは限らない。これからブースBで値段や座席を確認したあとに、またブースAへ行くのかね?そんなことをしている間にもチケットの数はどんどんと減っているのだよ。。。』 

 

そんな心の声も聞こえていない旦那くんは、ショーの前に軽く食事をしよう!と提案してくる。「えっチケットまだ買ってないのに?」

どうやら両方の値段を確認した旦那くん、もっとギリギリになってチケットが安くなるのを目論んでいると推察。ええそうです、彼は関西人

 

この時点でショーの上演まであと1時間弱です、嫌な予感がしてきました。

ブースBの近くに、簡単に食べることができるピザ屋があったので、面倒になってきているラパンさんは、ピザを食べたいわけじゃないのに「ここがいい」と宣言。

ピザ屋、激混み。

ピザが焼けるまで30分かかるよと言われ、機嫌が悪くなる心の狭いラパンさん♪ ピザは諦めてビールだけ飲んでブースBに戻りますと、さっきのチケットはもうないと言われる始末。。。遠い目。

慌ててブースAへ行くも、なんとシャッターが下りてクローズされている。

ガーーン!あと30分しかないよ(ToT)

 

こうなったら劇場窓口でどんな席でも良いから行って買おうと!エスカレーターをかけあがりたい衝動をぐっとこらえて、スリルを楽しむことにしました(嘘)イライラMAXです。「1800も座席数があるのだから満席のはずはない!」と妙な自信満々の旦那くん、私のイライラスイッチをさらに押しまくります(笑)

 

7.《Oオー》劇場窓口カウンターで購入

 そとから劇場へ入る際には、この看板の近くにエスカレーターがあって登ると長い廊下を渡り、Hotelベラージオ内部へ。劇場へはサインに従って歩いていけば良いのですが、結構距離があります。

f:id:madamlapin:20190913154506p:image

窓口当日券売り場はかなりの行列の上、みなさん座席を選ぶのに悩むので1人の対応時間が長い!ジリジリしてきます。開演時間ギリギリでようやく我々の番になりました!カウンターのお兄さん、お値段プレートを出して空いている座席の説明。

「オススメの席は?」と聞くと、一番高いところを指差す「初めて観るならすごく良い席あるよ」と、日本人鴨をそそのかす。

旦「どうしたい?」と聞きますから遠慮せずに

私「その席にする!」と、決断。ネギ背負った日本人鴨、どうせ観るなら良い席です。

ステージ正面のブロック一番後方席のど真ん中

はい、奮発しました!なにせねぎ背負ってますから。これでラパンさんの機嫌も治りニコニコです。

チケットを受取り中へ、もう始まるよー小走りです。座席に案内され座ると、わたしの理想的な席がアサインされていました。ラパンさん、映画館でも一番後ろの席が好きで、後ろに人がいない席がお好み。お兄さん、グッジョブ👍

このど真ん中の席って公式サイトで探してもなかなか見つかりませんでした。いろいろな日にちで見てみましたが、指を👆指している部分より少し左寄りの席は有るのですが、早々に売れてしまうと思っていましたが、

推測するに

Hotelベラージオに宿泊している方へ優先的に良席を用意していて、開演間近にその座席が解放されるのではないか?と。私たちが駆け込みギリギリだったから、解放されたど真ん中良席を買えたのではないか?と勘繰ってしまいました(^^)あり得る話だと思います。


f:id:madamlapin:20190913154513p:image

ショーは圧巻のパフォーマンスで最後までずっと引き込まれていました。

終了間近に撮影OKのサインが出ます!

開演中のカメラ、携帯カメラ、ビデオ等の撮影は一切禁止ですが、フィナーレあたりになると撮影がOKになる合図があります。お見逃しなく! 

f:id:madamlapin:20190913155319p:image

ずっと引き込まれた90分。美しい肉体、高い技術、迫力のある演出。サーカスというより芸術ですね。アクロバッティックな躍動感と魅せるテクニック。一瞬で水が引き、一瞬でまた水面が現れる計算されたパフォーマンスに瞬きもしたくないくらい。

シルクドソレイユはアレグリア・ギダムに続いて3回目ですが、《Oオー》の迫力はナンバーワンです。次は最前列で水を浴びたい!


f:id:madamlapin:20190913155315p:image

まとめ

ドタバタしたものの、まあ現地でもチケットは買うことはできますが、お早めに手配することをお勧めします。公式サイトでの購入の仕方は検索をすると出てきますので、英語でも怯むことなく購入できますし、日本語サイトのチケット販売会社で購入するのも、手配会社に依頼するのも、それぞれの旅の方法からセレクトしてくださいませ。

とっても満足したショーでしたので、ラスベガス旅行を検討している方はシルク・ド・ソレイユ(太陽のサーカス)も楽しんできてくださいね。

 

ブログ開設からちょうど1ヶ月(^^)

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

 

はてなブログの方は、読者登録をお待ちしています

 

 ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ