個人手配で旅するラパンの空飛ぶ日記

海外の街を暮らすように旅をする 時間に余裕のあるシニア旅ブログ ときどき雑記

シチリア島パレルモのお宿選びのポイント(ZTL問題)

こんにちは、イタリア滞在中の旅するラパンです。

シチリア島パレルモでのお宿は、マッシモ劇場の目と鼻の先の最高のロケーションでした!

 

 

パレルモのお宿

f:id:madamlapin:20190926232903p:plain

レンタカーを利用したイタリア旅での宿選び

問題点は何と言っても駐車場のこと!駐車場が付いているお宿を条件で探すのは勿論のことですが、Hotelを予約するサイトで条件欄に[駐車場あり]を入れて検索をかけたとしても、現地へ行くとその辺の道路の[公共駐車場の空いている場所を自分で探して駐車する]だったりで、駐車スペースが確保されている訳でもなかったりします。パレルモは古い町で路は狭くて観光地でもあるので、自力で駐車場スペースを探すのがとても困難と踏み、完璧に駐車場スペースが付いていることが確約されているお宿を選ぶ必要があります。

f:id:madamlapin:20190926232836p:image

イタリアZTL事情
  • 加えて、重要なのがイタリアの主な観光地(観光地でなくとも)に設定されているZTL(Zona Traffico Limitato, 一般車両進入禁止エリア)。このZTLのシステムがレンタカーで旅をする際に最も頭を悩ませる問題点です。何しろ住民や登録車種以外はその進入禁止エリアに入ると、センサーで写真を撮られて後から罰金の請求が来るので、なんとしてもそれは避けたい。
  1. 駐車スペースが完璧に確保されているホテル
  2. 出来る事ならZTL(進入禁止エリア)の外側に位置している
  3. ZTL内の場合、事前にお宿側と連絡を取り合い(B&Bやアパート借りの場合を含む)レンタカーのナンバーを伝えてZTLの登録をして貰える
  4. 現地で駐車場スペースへ案内してくれて、ZTL登録のサポートもしてくれる

等々の条件の[4]を満たしたB&Bを借りました。

 

f:id:madamlapin:20190926232848p:image

到着15分前に電話をして、現地エリアで待ってくれていた宿のお兄さんから駐車場へ連れて行ってもらい、同時にZTL登録の手続きもしてもらいました。

 

ZTL登録手続きをかいつまんで説明すると

進入禁止エリアへ入った15分以内に登録の手続きを済ませる事が出来たら、罰金は課せられない。申請するにはプリペイドカードのようなカードがあって、そのカードのある部分をコインで削り、出てきた登録番号をインターネット上のZTL登録サイトに入力するようです。これをイタリア語でできる自信はありません(笑)

[1枚目の写真が駐車場]

[2枚目の写真が宿の案内のお兄さん]

 

イタリアの建物

イタリアは古い建物を壊して、新しい建築物を建てることは殆どありません。建て替えの際の規制がかなり厳しいらしく、外観(構造)はそのまま、工事ができるのは内部の内装や補強などのようですから、外側は古めかしくても、内部は綺麗だったりするの。

f:id:madamlapin:20190926232812p:image

旧型エレベーターはスリル満点

今回のパレルモのB&Bのお部屋も、建物は古めかしく、籠の様なエレベーターはいつ止まってもおかしくないんじゃない?ってほど、怪しい動きをするし、かなーりエレベーター内部が狭い。毎回動かすのが怖かった(笑)

 

部屋に入るとオシャレ

今にも止まってしまいそうな旧型のエレベータを降りて部屋に入ると、驚くほどモダンな内装だったりするのです。

f:id:madamlapin:20190926232907p:image


f:id:madamlapin:20190926232801p:image


f:id:madamlapin:20190926232820p:image


f:id:madamlapin:20190926232844p:image


f:id:madamlapin:20190926232816p:image

 

f:id:madamlapin:20190926232852p:image


f:id:madamlapin:20190929113008p:image


f:id:madamlapin:20190929113013j:image

新しくてスタイリッシュなデザインの内装、一泊なのが惜しかった心地よさ。

何よりも部屋のテラスからはマッシモ劇場が見えて、夜の照明に照らされた横顔がとてもノスタルジックで素敵でした!
f:id:madamlapin:20190926232903p:image