個人手配で旅するラパンの空飛ぶ日記

海外の街を暮らすように旅をする 時間に余裕のあるシニア旅ブログ ときどき雑記

ナポリからカプリ島へフェリーとバスを使った青の洞窟への行き方①

こんにちは、旅するラパンです。

 今回の南イタリアの旅で1番の目的は《カプリ島で青の洞窟へ行きたい!》でした。

 

ナポリの滞在は4日間!

その4日間の天候の良き日をめがけてカプリ島へ渡り、青の洞窟(GROTTA AZZURRA)へ行く予定にしていました。青の洞窟へ入る船(手漕ぎ船)が天候不良でクローズになることも想定し、ナポリは予備日を含めた4日間の滞在にしたのです。

行き方いろいろ

ナポリからカプリ島まではフェリー会社3社(caremar社・SNAV社・NLG社)が運航しています。

船の種類も、

  • 高速艇(Ferry)caremar社が運航 (約1時間)
  • フェリー(Slow Ferry)caremar社が運航 (約1時間25分)
  • 水中翼船(High speed ferry)SNAV社とNLG社が運航 (約50分)

  

 時間などを調べるのに参考にしたのがこちらのサイト

www.cittadicapri.it

 

天気と満潮時間に注意!

兎に角、いつカプリ島へ渡るのか?旅先でも天気予報とにらめっこでしたが、おおよそ初日と翌日の2日間は晴れ間の予報。チャレンジするのはおそらくはその2日間のどちらかであろうと予想していました。 10月初旬のこの時期、満潮は昼12時頃だったので朝早くか昼過ぎ15時くらいしかチャンスはないと踏んで、朝早い時間に島へ渡ってしまおう!と、考えました。

 

行く日が決まったらチケットの予約

水中翼船に乗りたい旦那くんと、飛行機以外の乗り物には興味がない私はなんでもいい派。朝早い水中翼船(High speed ferry)は7:00出発からしか出ていないので、それでも良いと思っていたら、朝一番(5:35)に乗ってカプリ島に着いていよう!と言い出すので(ラパンさんの心の声→「支度を考えたら4時起き??6:35にカプリ島へ到着しても青の洞窟は開いてないぜ!」)揉めるのも面倒なので、ここは言うとおりにします。

 

f:id:madamlapin:20191003165600j:image

 

翌日の天気の状態が良さそうだったので 、言うとおり5:35出発のフェリーをサイトで予約しました。ひとり20.30ユーロと表記されていますがネットで申し込むと手数料を含めてひとり23.00ユーロ(乗船代17.80ユーロ、オンライン手数料0.50ユーロ、税金2.50ユーロ、予約代2.20ユーロ)になりました。現地の窓口で購入すると少し安いらしいです。

シーズンオフだったので窓口購入でも良かったのですが、若干の不安もあり事前予約購入をしてしまいました。もし、今日船が欠航になり翌日トライするときには、フェリー会社の窓口で購入しようと思って練習しておきました(笑)

 

f:id:madamlapin:20191003051540j:image

 フェリーの港港の看板《Stazione Marittima Porta Massa》


f:id:madamlapin:20191003045659p:image

 

 

この時点での時間は朝04:40フェリー会社の事務所がオープンしていなくて、ゲートが閉まっていたため車とともにゲートが開くまで待機
f:id:madamlapin:20191003045803p:image



タクシーも本当ならばフェリー会社前まで進入してくれるのですが、ゲートが閉まっていたため入り口で下されました。親切な運転手さんが入り口はあの辺だからここでゲートが開くのを待ってなさい。と教えてくれました。
f:id:madamlapin:20191003045635p:image 


f:id:madamlapin:20191003045648p:image


f:id:madamlapin:20191003045726p:image

ゲートが開きチケットオフィスに向かう車とともにズンズン歩きます。BIGLIFTTERIEチケットオフィスへ到着
f:id:madamlapin:20191003045713p:image

正面から入り右側にあるチケットオフィスへ
f:id:madamlapin:20191003045640p:image

 

f:id:madamlapin:20191003045831p:plain

並んで待っていたのですが、予約しているなら自動発券機でチケットを出しなさい。と教えていただきました。
f:id:madamlapin:20191003045846p:image

自動発券機は飛行機のチェックイン手続きの機械と同じ感じですが日本語はありません。バウチャー(予約の際に送られてきた予約管理票)に書かれている予約番号を入力せよと出てきたので、
f:id:madamlapin:20191003045703p:image

 

f:id:madamlapin:20191003235358j:image


f:id:madamlapin:20191003045759p:image

本チケットが発行されました!ので、いよいよ乗船です。

f:id:madamlapin:20191003045747p:image




f:id:madamlapin:20191003045708p:image


f:id:madamlapin:20191003045731p:image


f:id:madamlapin:20191003045736p:image


f:id:madamlapin:20191003045823p:image


f:id:madamlapin:20191003045718p:image


f:id:madamlapin:20191003045808p:image


f:id:madamlapin:20191003045815p:image

船内の様子
f:id:madamlapin:20191003045652p:image


f:id:madamlapin:20191003045644p:image


f:id:madamlapin:20191003045838p:image

真ん中の4列シートで寝る人多し!通勤の人もいるのでしょうか皆さん慣れた感じで、乗船すると即座に寝ていました。
f:id:madamlapin:20191003045827p:image

 

外の景色は真っ暗だし、早起きしたので眠たいしでウトウトとしている間に到着です。着いたのはいいけれど空いているのは若干のカフェくらい。青の洞窟GROTTA AZZURRAはオープン時間が9時なのでバスで行ったとしても現地が空いていないわけだからマリーナグランデ(Marina Di Capri)港付近でコーヒーでも飲んで時間を潰すことに。

バスの乗り場や乗換え方法へ続く。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

行かない人には関係のない記事でごめんなさい。いつか誰かの参考になったら嬉しいな。との思いでレポートをしています。Ciao

 

 

はてなブログの方は読者登録をお持ちしています。