個人手配で旅するラパンの空飛ぶ日記

海外の街を暮らすように旅をする 時間に余裕のあるシニア旅ブログ ときどき雑記

アマルフィ海岸沿いの美しいホテル《Hotel Voce del Mare》はハプニング満載

こんにちは、旅するラパンです。

 

アドリア海の美しい海から、こちらも美しいアマルフィ海岸があるティレニア海へとレンタカーで移動し、眺めの良い(はず)と思って予約をしたサレルノのホテル《Hotel Voce del Mare(ホテル ボーチェ デル マーレ)》海の声が聞こえるホテルへ到着です。

 

なかなかホテルに入れない

ホテルの前にはひっきりなしに車が止まり、ドレスアップした人たちが降りてはハグしあったり人だかりができたり、トランクから大きなプレゼントらしき包みを出したり、ホテル前の道路を占拠されていて、車寄せに車を停めることができない!

 

 f:id:madamlapin:20191106233830j:image

あのお祝い?!

出で立ちや持っているプレゼントを見ていると、きっとあのお祝い?と脳裏に浮かんだことがありました(^^)  が、こちらは車寄せにも辿り着けず狭い道路で困り果てていて、それどころじゃない。

ていうか、抱き合って喋ってないで早よ中に入ってくれ!

ようやくホテルの人を見つけて、トランクからスーツケースを降ろし駐車場へ誘導して貰ってホテル内部へ降りていきフロントへ到達することが出来ました。

 

海に面したホテルは階段が多し

ホテルは海に面した崖に、張り付いた形で作られていて外からは階段しか降りるすべがなく、しかも螺旋階段って(^◇^;)こういう時に使うのでしょう『マンマ・ミーア!』

 

 

教訓:一泊分の荷物を用意するべし

大きなスーツケースがある場合にはそれを運ぶだけでひと苦労します。ポーターは居ないし駐車場係は荷物を運んでくれませんから、一泊だけの時には大きなスーツケースはトランクに置いて、小さなスーツケースに一泊分の荷物を入れて用意しておくのが賢明と悟りました。

 

ようやくフロントへ辿り着きました。

f:id:madamlapin:20191109073736j:image

 


f:id:madamlapin:20191109073741j:image

ベビーシャワーのお祝い

先ほどの駐車場入り口を占拠していた軍団は、フロントの前のレストランでベビーシャワーに来ていた人たち

ベビーシャワーとは、アメリカ発祥の妊婦を祝うパーティーで、安産祈願のオムツでできたダイパーケーキを飾るのが習わしらしい。

私がベビーシャワーを知ったのはアメリカの大人気テレビドラマシリーズ[SATCセックス アンド ザ シティ]で観てだけど、旦那くんはナニソレ?

最近は日本でもベビーシャワーをする世代が増えたようで、ベビーシャワーを推奨(斡旋?)する団体も出来ているようです。

ホテルの人は「ベビーシャワーなのよ」と言っていたけれど、とっても小さい赤ちゃんがいたので、イタリアでは産まれてから御披露目パーティーをするのかしらね。日本の百日祝い[お食い初め]みたいな感じかな。

f:id:madamlapin:20191109073738j:image

いづれにしても車寄せでは大変だったけど、笑顔でハッピーな場面に遭遇できて、こちらもニコニコになりました!

 

白が基調のデザインが素敵なホテル内部

ロビーの雰囲気は白亜なリゾートホテルを彷彿とさせ、こじんまりとしたプチホテルではありましたがザ・リゾートな感じで見た目的には合格!!上から目線

f:id:madamlapin:20191106233914j:image


f:id:madamlapin:20191106233935j:image

 

海を望むように作られているレストランもステキなので、夜は外へ行かずここで食べることにしてチェックインの際に予約を入れました。

f:id:madamlapin:20191109090351j:image

 またしても階段、、、

f:id:madamlapin:20191109090348j:image


f:id:madamlapin:20191109090715j:image


f:id:madamlapin:20191109090708j:image

エレベーターは一応あった
f:id:madamlapin:20191109090650j:image


f:id:madamlapin:20191109090711j:image

外へでることができるようです。
f:id:madamlapin:20191109090655j:image

 

廊下の突き当たり一番奥の部屋がアサインされました、外の景色はビーチに面しているはず!期待度マックス
f:id:madamlapin:20191109090658j:image

小ぶりな部屋ですがまあまあ清潔感もあり
f:id:madamlapin:20191109090830j:image



サブベッドもあり(荷物置きに最適)
f:id:madamlapin:20191109091542j:image


f:id:madamlapin:20191109090701j:image

 

クローゼット内部にはセキュリティーBOXも設置されています。
f:id:madamlapin:20191109090646j:image


f:id:madamlapin:20191109090643j:image

Windo is blowing from the Amalfitana ♪♪( ´θ`)ノ

思わず魅せられてのフレーズで歌ってしまいそう 

窓から見える景色はアマルフィ海岸(の端っこです)

 

だけど、困ったことが発生してしまいました。

 

部屋の上がレストランだから椅子の弾く音や騒いでいる声がかなり響いてうるさ〜いので、部屋を変えることになり階下の部屋へ移動。

f:id:madamlapin:20191109090652j:plain

と、ここまでは良かった。

 

思わぬハプニング

このホテルの名前《海の声がするホテル》なのですが、海の音ではなくて水の落ちる音がする。雨漏りか?と思ったらエアコンから結構な勢いで水がしたたり落ちてくる。

f:id:madamlapin:20191109133327j:image

フロントへ連絡して、直ぐに修理のおじさんがやってきた。ゴメンね〜と言いながら修理をしてくれたんだけど、実は窓のドアも壊れていて開けると外れる(危)ついでにそれも直して貰っているところをパチリ。

 

ロケーションは最高、景色もとても良いし、建物も真っ白で好き。でも古いからメンテナンスが大変みたい、あと騒音。素敵なホテルなんだけどね〜再訪はないかな。

 

ここも一泊しかできないので(それが正解だったけど)海にもプールにも行けなかった。

この旅、忙しすぎるかも(T o T)

 

 

ホテル位置はこちら

 

夜のレストランと景色は次回に!